my lovely life
kaoriing.exblog.jp

Let me introduce my lovely things!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お産あれこれ
足がむくみすぎて像の足みたいな元妊婦です。

臨月のときのむくみなんて今と比べたら全然だわ。てっきり出産したらむくみとれるかと思ったのにむくみ全開だよー。

でもあたし、きっと産後も多分順調に回復してるんだろうなー。自分的には腕の筋肉痛やむくみ、傷、尾てい骨痛などなどあるけど人間が体内から飛び出したんだからそんなもん当たり前的な感じです。

あたしの出産は自分もびっくりな体験でした。

健診のときには毎回、いつ産まれてもいいとか言われながらもよく聞く前駆陣痛、おしるしなどなど出産の兆候はまるでなく、夜もぐっすり、トイレも近いとかなくいつもどおりで前日までいました。

15日夜も普通に就寝。涼しくなりエアコンしなくていいからよく眠れるねなんてだんなくんと話ながら。

16日朝6:15ごろ、生ぬるい水分が出たような感覚で目覚める。おりものが大量にでたんだと眠いなかいやいやトイレへ。

一瞬、破水かな?とよぎるが眠かったし、あとであとでととりあえずまた寝る(笑)

7時過ぎ、立つとチョロチョロ水がでる感じ。うーん、なんだろか。だんなくんに破水かなぁ?というもわかるはずもなく。あたしは違うだろうなぁと思いつつとりあえず病院電話してみるかと7時15分ごろ、電話。

助産師が診察するからとりあえず来いと言われてだんなくんと入院セットをあわててチェックし着替え、タクシーで病院へ。

タクシーは陣痛119番とやらに登録してたので電話したらすぐ名前をいわれ、マンション前に配車されたタクシーにのるやいなや病院名をいわれ、素晴らしいサービスでした。車内でも普通に笑いあう夫婦にドライバーさん、きっと本当にこれから出産かよ?と訝しげでした(笑)

んで夜間出入口から病院につき助産師さんに内診してもらうと子宮口が5〜6cm開いてました。

「まったく痛みないの?」
と聞かれ
「はい…」
なんだか申し訳なくなるあたし。

先生がきて、
「かおりんさん、昨日待ってたのよー、今日になったね!痛みないの?」
と言われてまたも小さくはいと応えるあたし。助産師さんが健診も開いてたんですか?ときき先生がそうよー、いつ産まれるかしらって話してて誕生日に生みたいって言ってたんだからーと笑い飛ばす。

そのまま陣痛くるまで待つことになりました。それが9時くらいだったかな?

そんで病室でやることもなく寝てたら11時ごろ助産師さんがきて
「モニタつけて内診したいから陣痛室にいいかな?」
とのこと。

陣痛ないのに陣痛室へ(笑)

そこで助産師さんから
「かおりんさん、今日助産師学校の学生さんたちがきててかおりんさんのお世話させていただきたいんだけどいいかしら?もちろん私もつきますし、やだと思ったらすぐ排除しますので」
といわれ二人の学生さんが挨拶。

「はあ」
なんともあたし、気の抜けた返事。

そこで学生が内診。学生、驚きの声で
「え、全開っぽいですけど…」
それからあたしに
「かおりんさん、本当にまだ痛くないですか?」
と聞いてきたので、こんなことで嘘つかないよーと思いながらも
「はい、痛くないです」
と笑いながら答えると
助産師さんがどれどれと内診。
「あー8cmから9cm、結構開いてますね。赤ちゃんもすぐそこまで来てますね」

そうなんだー。

一応定期的な張りはモニタであるものの、本当に痛みがなくてあたし自身、どうすればいいんだい?という心境。

先生と助産師さんが
「ここまで陣痛ないし無痛分娩どうする?いまからやっても意味ないかなぁと思うよ」
といい、あたしもご飯たべたかったから(笑)もう無痛はいいですと。

ただでさえ陣痛ないのに無痛にして微弱陣痛になるとお産長引くらしいし、先生も助産師さんも産道が柔らかいし陣痛くればお産も早いからっていうしね。

とりあえずお昼を病室で食べてきてといわれる。

お昼を食べてから、やることもなく、痛みないけど陣痛室いてもいいか聞いてみる。陣痛室なら助産師さんがいるしなんか安心。破水してるから歩き回れないし痛みないから普通の妊婦だから暇で(笑)

陣痛室で加賀刑事シリーズを読む妊婦。

学生が助産師と話してるのが聞こえる。

どうやらあたしのことで分娩室にいく頃合いがわからないと相談しているようだ(笑)

すいません…

本当にはやく痛みないかしらと申し訳なくて。

でもこのおかげで本当に恐怖のいきみのがしをしないで済んで助かったのです。

そんな感じでいたら14:30頃、お腹が痛みだしてきた。

痛い…とうなってたら学生が
「かおりんさん、気分転換にアロマとかどうですかー?」
と入ってきてあたしを見てびっくり!
「かおりんさん、痛がってます!」
と助産師さんを呼ぶ。
アロマどころじゃないし(笑)

あたし、徐々に痛みを増してきて自然にいきみたくなってしまう。

ああ、いきんじゃだめといわれるパターンだなと思ってたら
「かおりんさん、いきんでいいですよー」
といわれびっくり!

しかも
「いまの陣痛終わったら分娩室いきますよー」
といわれまたびっくり!

というわけで一時間たらずの15:30くらいだったかな?分娩室へ。

そして分娩台へ。

あ、陣痛きたっ!といきむと学生助産師が
「まだですよー最初は我慢ですよー」
というがはっきり言って指示が遅いの!早く指示してくんないとこっちは陣痛が突然最大レベルできてわけわからんのよーとイライラ。

しかもあたしの場合、痛みが短くていきみが足りないからまるちゃん出たり入ったり状態(笑)

あたし、もうこの学生の不適格な指示に嫌気がさして
「もうやだー。誰かかおりんさんは上手にいきめそうにないから吸引か帝王切開にしないとだめですよ!でて提案してくれないかなぁ〜」

って思いながら適当にいきんでました(笑)→ひどい妊婦

そんなとき、主治医の先生がきて
「かおりんさん、よかったねー痛みきて!やっぱり早いでしょーお産」
と朗らかに話しかけてきた。

「どんな感じー?あ、ちょっとかして」
と先生、学生助産師をどかしがっと赤ちゃんの出口を手で開き、
「かおりんさん、ここね、ここ!ここを意識していきむの!それからかおりんさんは痛みの長さが足りないからいきみがたりなくなるので、あと三秒頑張ろう!それがかなり前進するから!あとね、いきみは二回目を長くね!」
と実に的確な指示をくれ、俄然やる気になるあたし。

だいたい学生助産師、あたしの赤ちゃんの出口に触れてるんだかいないんだか分からないくらいの感じで押さえてるくせに
「私の手を押し返すように〜」
とか言っちゃってさー。はー?押し返すほど感覚ないんですけどー意味わかんないし!ってイライラしたわ。

先生のリードに助産師さんもあたしのお腹に手をあてて
「かおりんさん、ここに力!」
って指示くれてやっぱり学生が指揮をとってたら初産妊婦にはだめだわと実感。もう最初から学生排除してりゃよかったよ。でも陣痛始まるまで結構おしゃべり相手になってくれたからあまり言えないけど(笑)

そんなこんなで先生の指揮のもと、2、3回の陣痛の波で無事出産!

産まれた瞬間は涙がでるかと思いきや、精根尽き果てて何もでず。あ、笑顔がでました!本当に嬉しくて自然と笑顔でした。

15:30に分娩室にいき、16:54にまるちゃん出産!

産まれたてのまるちゃんを抱っこし、助産師さんに写真をとってもらいました。

すっごく幸せで、こんなあたしでも普通分娩ができたんだーと感動しました。これもまるちゃんが陣痛を最小限にしてくれたから。本当にまるちゃんは感謝の子供です。

分娩室に移動するタイミングで助産師さんがだんなくんに連絡していたようでだんなくん、あまりにはやく産まれたからびっくりしてました。

まるちゃんはあたしのもとから離れいったんきれいにされてからだんなくんに抱っこされてました。その間、あたしは会陰切開やら裂けた部分を処理されてました。

担当医さんと二人きり、結構な時間かかりました(笑)

「かおりんさん、結構裂けちゃったわー。痛いかもねー」
といわれたけど
「はい、もうどうでもいいです。無事産まれたからー」
ってへらへらしてました。それからつわり入院のはなし、最近の健診の話をして思い出語りしました(笑)

処理もおわり、だんなくんとまるちゃんが分娩室へきました。

親子3人で19:00近くまで過ごしたかな?だんなくん、産まれたてはあまりかわいくないし抱っこは無理だとか言ってたのに頬をゆるめながら抱っこしてたよ。

そんでもって
「やっぱりかわいいな」
といってたよ。

よかった、よかった。

そんなわけで9/16、40W3Dにてまるちゃん誕生でした。

出産はあまりに突然で、あっというまでしたがまるちゃんに出会うための素晴らしい出来事で、あたしの人生でも忘れられない経験になりました。

まるちゃんが産まれてからまるちゃんのことをいつも考えてしまいます。(母子別室なので)
授乳が待ち遠しくて、授乳室でもいつもまるちゃんと触れ合って仲良くして別れ際はまたねって言います。
ついこの間まで感じたことのない充足感があります。

幸い、産後の傷や疲労もよそよりなくて別室だからかもしれないけど、これからが本番。すぐに心が折れるうたれ弱い母ですが、頑張りたいと思います。

お産は十人十色だから参考になるかわかりませんがこれがあたしのお産でした。

結論
次があるなら無痛だね、やはり(笑)
[PR]
by kaoring_yokohama | 2010-09-19 22:06 | baby