my lovely life
kaoriing.exblog.jp

Let me introduce my lovely things!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
my favorite + email to me
ライフログ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
lunch @ my place #2
先月に続きまして。

本日もぴろんちゃんとややくん親子が我が家に遊びに来てくれました。
(先月のログ  )

今日はもうねー。
朝からまるちゃんがハンパないぐずりでして・・・・・
というか昨夜も実はひっさびさ寝かしつけてこずったもんだからあたしはぐったりー。

こりゃ、イヤイヤ期到来?ってほんとにまいった。
おかげでランチの支度もままならず。
急遽メニュー簡単なのに変えてみた。

だんなくんは
「今日キャンセルすれば?大変なんでしょ」
というんだけど

「いや!ぴろんちゃんに愚痴りまくらないとやってられんわっ。いいのいいの、多少手抜きでも」

ともはやホスト失格発言。

ひっさびさにおんぶなぞしてみたせいか肩もいたいのなんのって。
うちのこ、いったい何キロあんだか・・・・

そんなこんなのランチタイム。
c0168282_14571044.jpg

まあ、なんとも色味の地味な・・・
そしてテーブルセッティングも一切せずという・・・・
ごめんよ、ぴろんちゃん。

でも最近ランチョンマットとかしいてると、すきあらばまるちゃんがかくし芸のマチャアキばりにさーっとひっぱってしまうので(むろん彼女はマチャアキのように上手にはぬけないので食器も倒れます)ランチョンマットは廃止となってしまったんです・・・・

まあ、ぴろんちゃんだからというのもあるが(もはやママともなんで)

前回はタコライスにタンドリーチキンとカボチャサラサダにクラムチャウダー(キャンベル)、きのこサラダだったかな?今回は妊婦時代のランチによく食べていたツナおろし丼(ほんとにすいません・・・・)とクラムチャウダー(自家製)、アボカドときゅうりなどのサラダとカイワレとあげの副菜でした。

子供たちいはツナおろし丼(ツナはノノイル無添加使用)とクラムチャウダーで完全とりわけ。

まるちゃんはこれにバナナ1/2本。

ややくんはまるちゃんと同じ月齢だから食べ物も一緒だし、ラクです。よく食べてくれるしね!
ゴハンのあとは子供たちを遊ばせつつ、あたしがぴろんちゃんに今朝の出来事を弾丸トーク。

せっかくきてもらったのにごめんね~。
でも誰かに話さずにはいられんのだ・・・・

まるちゃんとややくん先月まではおもちゃのとりあいでケンカしていたんだけど今日はケンカ一回もなかった。これはすごい成長です。うんうん。

そしてあたしが今日一番嬉しくて感動したのが・・・・!

うちの、あのまるちゃんが、ややくんが泣いてたらいい子いい子して、ぎゅうーっていいながら抱きしめてあげてたのっ。

もう、母、感動。

普段からお人形とか相手にそういうことをするような心優しい女の子だったらわかるのよ。
でもうちの子違うから(苦笑)
お人形だいっきらいだし(わたしてもぶんなげたり掃除機にしたりと散々)ほしいものは手に入れるヤクザかチンピラのような女の子だったんでね。

そんなチンピラまるが・・・・・!

これ、保育園効果だろうなぁ~。
きっと保育園とかでちょっと上のことか見て優しくされて真似したりしてるうちに覚えたんだろうな。

そして集団で生活することで、ややくんとの交わり方も自然とうまくなってケンカしなくなったのかもな。
ほんと、保育園ありがとうございます(自分でしつけができないのか?あたし)

毎度毎度ぴろんちゃんとはいろいろ共感しあい(夫の共感力の足りなさなどなど)笑って発散してパワーチャージというスタイルなので今回もチャージ!

c0168282_1516746.jpg


今回は二人、さわやかなペアルックでした。
ややくん背が高くてすらっとしてるから、かっこいいね!それにくらべてチンピラまるはメタボ体型一直線。まぁ、いいんだけど・・・・

今回もおやつをご持参いただきました。
ありがとう!
c0168282_15212336.jpg

おいしく楽しくいただきました。

最近は日が長くなったねえなんて話しながら、恒例の集合写真。
c0168282_15233911.jpg

気づけば全員ボーダーでした。

また遊ぼうね!

結論:
ほんと楽しい1日でした~。助かりました!
[PR]
by kaoring_yokohama | 2012-03-07 20:50 | MARU | Comments(0)