my lovely life
kaoriing.exblog.jp

Let me introduce my lovely things!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
my favorite + email to me
ライフログ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
育児相談所
週末。

育児相談所(児童相談所)にみずから電話し
「助けてください」
といってしまった。

金曜に体調崩したので土曜に一泊だけ母のとこへいった。
でもほんとにつらくて、母がバイトしてる間は無言でまるちゃんとすごしたらまるちゃんはゴハンをたべなくなってしまった。水分もとらなくなった。そしてこぶしを口にいれてるようになった。

でもあたしは、かまう余裕もなかった。

そして日曜の昼間に横浜へもどった。
つらくて何度も途中下車しながらもどった。

家についてもなにもできなかった。
でもやらないといけない。

だんなくんにすこしかえれないかとお願いし1時間だけもどってきてもらった。

だんなくんはまるちゃんをみて、元気がないけど大丈夫かなというのでつい、

「あたしだって元気ないよ!」

と怒鳴ってしまった。
まるちゃんの前では極力大声だしたり感情的にならないようにしていたのに。
まるちゃんはあたしの大声で泣き出してだっこをせがんできた。

でもあたしはだっこをもうする体力がなかったので

「ごめん、もう無理なんだ」
と抱っこしないでいたらまるちゃんが余計泣いた。

なにかがぶちっときれた。

「うるさいな!あたしにもすこしは休ませてよ!」

たった1歳の、まだ1歳の娘に対して本気で大声で怒鳴ってしまった。
そういうことだけはしないと思っていた自分が、だ。

まるちゃんがびくっとしてかたまった。
次の瞬間いままできいたこともないような声で泣き出した。
それと一緒にあたしもわーんわーんと泣いてしまった。

もうとまらなかった。
ほんとにほんとに誰かに助けてほしいだけ。

まるちゃんもダイスキ。
お世話だって苦じゃない。
でも今だけ、誰か助けてほしい。
それだけでいい。

いまはあたしもう気力もないんだよ。

でもだんなくんはもう仕事にかないといけないという。
あたしは、涙をふいて、ならば一緒に出かけるしたくをした。
家にまるちゃんとこんななかいてもだめだ。

あそばせにいこうと思った。

ただ遊ばせながらもどんどん体調は悪くなる。

山下公園のHAPPY LAWSONで近くに居たひとに
「顔色が悪くて震えてますけど大丈夫ですか?」
といわれたときも答える気力もなく頷くのが精一杯だった。

でもこのあたりからきづいた。あたしはいま熱がある、それもたぶん高熱。
吐き気もある。

帰らないと。

まるちゃんを無理やり連れ帰った。
まるちゃんは家についても泣いてた。
あたしは抱っこしながらソファにすわり、どうしようと考えた。

ごはんもまだだし、洗濯物もとりこまないと。ああ、なにもかもまだだ。でももうなにもできない。まるちゃんをなきやますために抱っこしたまま立ち上がることもできない。

どんどん、どんどん、悪寒が強くなって震えがとまらなかった。

誰か助けて。
これは、育児放棄なんじゃないか?

ネグレクトって虐待なんじゃないか?

あたしはいまそうなんじゃないか?

こういうのって愛情があれば大丈夫だと思っていた。

でもそれだけじゃできないことがあるなんて。
こんなにかわいいと思ってるのに、ゴハンをつくるために立ち上がることもできないなんて。

このままじゃだめだ。

だんなくんは月曜しめきりがあるからだめだし、母も仕事だ。どうしよう。

スマホで検索した。

「オレンジリボン」

電話して、
「娘の面倒がみれません、助けてください」
といったら涙があふれでてきてしまった。

あたしはなにをいってるんだろう。ずいぶん甘えた母親だと思われてるだろう。でももうどうでもいい、ほんとに助けてほしかった。

話を聞いてくれる人に頑張りすぎたんだねといわれて緊張の糸がきれた。
頑張りすぎたんだ。あたし。

だんなくんに連絡してくれて19:30に帰るそうですよといわれ、あと30分大丈夫ですか?ときかれたので、はい、がんばりますと答えたら
「頑張らないでいいんですよ。お嬢さんをぎゅうっと抱いて待っててください。きっとわかってくれますよ」
といわれたのでそうしてまとうと思った。

「この電話はいつでもつながりますから不安なときはまた電話してください。決して無理はしないこと」

その一言で救われた。

だんなくんは帰宅してなんどもあやまった。おいつめてごめんと。
あたしはあたしで申し訳なかった。仕事の邪魔をしてしまった。

熱を測ったら40度だった。
嘔吐と下痢を一晩中し、過呼吸に何度もなった。
そのたびにだんなくんがケアしてくれた。

ありがとう。

月曜は保育園にだんなくんがつれていってくれた。
お迎えもいくけど17時は無理だから19時に延長したと。
まるちゃんにまで迷惑をかけた。

月曜は1日寝ていた。

今日はだいぶ、ラク。母もきてくれたのでお風呂もはいれたし、もう大丈夫。

でも、ほんとにあたしは、今回自分は大丈夫と思っていたのに無理だったことを思い知った。
母子家庭状態はあと半月。

もうこういうことのないようにしなくては。

結論:
ほんとに母失格です。あたし。
[PR]
by kaoring_yokohama | 2012-03-13 22:05 | MARU