my lovely life
kaoriing.exblog.jp

Let me introduce my lovely things!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
my favorite + email to me
ライフログ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CANCUN
VIVA! MEXICO!

ということで。
今回、カリブ海のリゾート、カンクンへいってまいりました~。

カンクンはメキシコが国をあげてリゾートにしているところでして
治安がとってもイイんです。
なぜならばカンクンは数字の7の字のようになっていて
道が一本しかないのとまわりが海ということで
逃げられないからだそうです(笑)

ほんとかい?

っていうことはどうでもよくて。

備忘録がてら旅の様子をしたためておきます。




6th September:
心配性のだんなくんのおかげであたし史上最高に早く成田に到着。
フライトはたしか15:55だったから13:55に集合なのに12:20には着いてました。
はやっ。
あたしはいつもYCATからリムジンバスで成田へむかいます。
旅行会社に勤務していたときはNEXをすすめていたくせに自分はバス。
だってやっぱらくちんだし~。
NEXは地下からのぼるのにつかれちゃうでしょ?

あと今回は8年ぶりくらいにスーツケースでの旅行をしたので
持ち運ぶのにもつかれちゃうでしょ?
しかもあたしのスーツケース、だいぶ古いサムソナイトなので
ちょっと運びづらくってねぇ・・・・
(いつもはHAGLOFのバックパック。一ヶ月分くらいはまかなえるくらいの大きさよ)

成田へ到着するもCOのカウンターは激混み。どうやらNYCのフライトがディレイらしい。
あたしの乗るのはGUMからのシップ。まぁ影響はないとわかり安心するも
最近は手続きが時間かかるのと9月は出国ピークでUAとかは
3時間前にショーアップさせるんだったということを思い出して
(すっかり旅行業界の人じゃなくなってる・・)休憩しないで手続きへ。
案の定1時間もかかる。

だんなくんの判断は正解でした!

荷物預けて身軽になったら腹ごなし。
おいしいひつまぶしやさんへgo!

c0168282_13555034.jpg


そして雑誌などをかいゲートへむかいます。

あたしの持論として海外旅行は成田までが一番楽しいというのがあるんだけど
ほんとそうよね。とくにロングフライトのポーションは。
だってこれから寝ては食べて、また寝てというまるでブロイラー状態の
ロングフライト@エコノミークラスがまちうけてるんだもの・・・

今回はAA(アメリカン航空)ではなくCO(コンチネンタル航空)で
IAH(ヒューストン)経由のあたしたち。
なぜならAAはWTだったのだ~(涙)

ま、いいさ。CO。

でもカンクンにいくならぜひAAを~。ちょっとだけシートピッチが広いのと
これまたちょっとだけ早くカンクンにつきますよ♪

さて。
いざフライト。
12時間のフライトを経て(機内食は・・・ノーコメント。アメリカ系キャリアはあんなもんでしょう)IAHでトランジットですがいまはトランジットも入国審査をうけます。

これがすんごーく混んでてさぁぁぁ~~~~

よくクレーム来たのも納得。
だって間を2時間あけてるのに審査で1時間半かかったもんだからダッシュよ、空港内。

あわてて乗り継ぎでした。

IAHからは2時間40分のフライトで時差もありません。
D10のようなシップで3列3列でした。
日本人はほぼいません。

そんでもっていよいよカンクン到着・・・は18:30ごろ。
カンクンの出国審査はボタンを押して赤がついたら検査をうけるという
ゲーム感覚なもんでしてほんと運次第。
ドキドキしながらボタンをプッシュ!
グリーンでした。ほっ。

今回はパッケージツアーでしたので送迎アリです。
降り立つとやはり空気が日本と違います。
ワクワク!

旅の疲れよりもカンクンにときめいちゃう、元旅人です。

現地係員の女性はとっても元気で明るい方でした。
ホテルまでの車内でいろいろ注意点やチェックアウトのことを説明うけました。
ぼんやりききながらも車窓をみているあたし。

今回ホテルはフィエスタ・アメリカーナ・グランド・コーラル・ビーチホテル。
ここはカンクンではナンバーワンだと思います、いろんな意味で。
全室スイートというのも魅力です。

日本人に人気なのはこことあとリッツね。
この2つがダントツです。
あたしもリッツがいいかなぁと思ったけど
「えーい、リッツは日本にもあるけどフィエスタアメリカーナはないし!」
ということで決めました♪

ここは日本人コンシェルジュもいるし立地もいいのでおすすめです~。

チェックインしてオプショナルの打ち合わせをして部屋についたら20時すぎてたと思う。
(オプショナルの支払いにカードが使えず時間かかったし。笑)

おなかがすいてたあたしたち。
でもかといってダウンタウンまでいく元気もないし・・・
ホテルですませようということに。

ライスラ・コントイというビーチのそばにあるレストランへ。
とってもフレンドリーなスタッフの笑顔に
おいしいグリルメキシカン料理。
早速お酒もいただいて、旅は始まりました~。

c0168282_13564483.jpg


7th September
目覚めてベッドから窓をみると・・・カリビアンブルーの海!
ほんとに、カンクンは楽園でした。
っていうかお部屋、よかったです。
ほんとのオーシャンフロントでした。部屋の入り口からもばっちりでした。
お天気もいいせいか、空と海がキレイでおもわずバルコニーでうっとり・・・

c0168282_1357267.jpg


そうするうちにルームサービスの朝食が。

そうなのです。
一回はルームサービスで朝ごはんしなきゃね!ってことで
やっちまいました。

優雅でした~。

この日は予定はなにもいれてないのでジェットラグをアジャストするために
ビーチやプールでのんびりしようということに。

ご飯をたべたらいざ目の前のビーチへ。

透明度抜群。
二人でバラバのしたでくつろいだり、シュノーケリングしたり・・・

しばらくして今度はプール。
ここは全長200mもあるので遊び甲斐あるんだなぁ~。
スイムアップバーも2つあるので
ランチはそこでとりました。
もちろんアルコールも!
ピニャコラーダとダイキリ、いただきましたよ。
プールで飲むお酒、最高!

そんなかんじで午後まですごし、お部屋にかえってシャワー。
シャワーしたら睡魔が襲ってきたのでお昼ね。

ああ・・・なんてのんびりしてるの~
これがバカンスだわ・・・・

夜はダウンタウン、ホテル近くの繁華街を散策しがてらご飯。

びっくりするくらいハーゲンダッツが高かったような・・・

8th September
今日はお楽しみなプログラム、イルカと遊べます♪
というわけで船にのってイスラ・ムヘーレスへ!
(おそらくイスラは島=アイランドのことです。ムヘーレス島ということね)

驚くべきカリビアンブルーの海にあたしゃ釘づけ。
子供にまじってデッキでかじりつくように海の色をみていましたわ。

c0168282_13572823.jpg


30分くらいかな?クルージングタイム。

島は素朴な感じ。

そして船着場の近くにイルカちゃんたちが!
ひとなつっこいのよ~

テンションあがります。

コワモテ風な男子も笑顔にするほどのイルカパワー。
うちのだんなくんも笑顔でしたからね。
最初は抱っこしたりキスしたりしてだんだんと
レベルアップして・・・

2頭のイルカの背びれをつかんでひっぱってもらったり!
圧巻はフットプッシュといって両足を二頭のイルカの口で押してもらい
スーパーマンのごとく両手を上げて水面を滑走するというもの!(わかる??)

これはすごかった~!!

ほんとーに楽しくってぼられてるのわかっててもDVDと写真をフルセット買っちゃう
ツーリストまるだしのあたいらでした。

そのあとはダウンタウン散策したりココビーチでのんびり泳いだり。
楽園でした。まじで。

メキシコって素朴で町がカワイイ♪

c0168282_13582767.jpg


夕方カンクンへもどってあたしはえらくはしゃいでつかれたので仮眠。
夜はまた街へくりだしシメはタコファクトリー(ここ毎日いってたなぁ)
タコスおいしいんだわ。

そんなこんなで三日目もおわり。

9th September
この日は朝早くから遺跡見学。

そーです、謎のマヤ文明が残した世界遺産、チェチェン・イッツァ!
ちょっとこれは楽しみでもあったわけ。
うきうき。
カンクンからクルマで3時間かけていったかいあるので
もし迷ってるひといたらいっとけ!

ただ日差し強いので帽子とサングラスと水、あと男性はタオルわすれんな~。
あたし帽子なくて軽く熱射病でした~。

c0168282_13585044.jpg


途中あまりにあつくて売店でライムのアイスバーを買って休憩してたら
ドイツのツーリストたちに話しかけられる。

ドイツからって近いのかしら?
日本からきたよっていったら「とおいね~?」といわれたので。

ま、遠いんだけど。

この日は遺跡で夕方までスケジュールうまったので
ホテルにもどってからダウンタウンへ繰り出してローカルなスーパーをみたり
メキシカン料理に舌鼓。

ほんっとメキシコのごはん、すきだぁ~!

10th September

この日はシカレという天然の入り江を利用したエコロジカルパークへ。

ユカタン半島は川がなくて石灰岩でできているので地下水として洞窟の中に川ができるらしいんです。
だから海が透明できれいらしいんですけど、その地下を流れる川をシュノーケルしながら下れるっていうアトラクションがどーしてもやりたくて、シカレにいきました。

シカレへはオプショナルツアーがたくさんありますが、日本語アシストをつけるとめっちゃ高いんです。
でもって個人でもいけそうなんですけど、あたしはスペイン語はまったく「?」なのでパックのほうがラクチンだなと思って英語のツアーに申し込みました。
(英語とスペイン語のツアーは比較的安い)

シカレはナイトショーもとっても有名なのでそのショーまでのフルパックプラン。
園内はオールインクルーシブなので(シュノーケルセットやタオルレンタル、シャワー、ロッカー、ランチと2ドリンク込みだったかな?)バスの中でとっても元気で陽気なガイドがいろいろと英語とスペイン語で説明してくれました。

東洋系はうちら夫婦のみだったのでシカレについてバスを降りるときにガイドさんが
「説明わかったかな?」
と丁寧に聞きにきてくれて
「うん、なんとなく。21:15にこのプラットフォーム(バスのパーキング)にくればいいんだよね?」
と答えたらすごいほっとした顔でにこってわらって
「そうだよ!おすすめとか教えてあげるよ、マップあるかい?」
というのでバスにのるときもらった園内マップをわたしたら黒いマジックで

「ここにまずいって、これをやって(川くだり)だいたい1時間くらいだから、ここらへんでランチにしたらいいよ。んで、つぎはこことか、ここいって・・これはつまんないから見ないでいい(といってバッテン)、んで18:00からナイトショーだから少しはやめに席をキープしにいったほうがいいよ。そのときはここでスナックとドリンクを忘れずにね、んでショーが21:00におわるから急いでこのバスにもどっておいで。そしたらホテルまでちゃーんと送ってあげるから!」

ととっても丁寧に教えてくれました。

なんてハートフル!!

おしえてもらったとおりにまずクラブハウスで手続きをして、まずは一番の目的川くだりのスタートポイントへ。水がすごい透き通っていて、かつ冷たい!!水着だけだとちょっと寒いくらい。

全部が洞窟というわけではなく高千穂峡谷みたいな雰囲気の(どんな?)場所もありみんな思い思いにゴールの海(河口)めざして楽しくシュノーケリング。

洞窟でも怖くなくて明り取りの天井に穴が開いていたり、途中でスタッフ(ダイバー)がいたり、あとお決まりのカメラマンがいたり(出口で買うという遊園地の絶叫マシーンとかにありがちなサービスね)するので楽しめます。

コースは2通りありました。

途中マングローブ林だったり、魚がいたり・・・海が近づくと色とりどりの熱帯魚がたっくさんいて夢中で泳いでました。
ちなみにライフジャケットにフィン(足ひれ)とシュノーケルをつけてたので薬1時間くらいのコースですが全然疲れませんでした。

が、だんなくんはあまり泳ぐのが得意ではないので足ひれに慣れてないからかとても疲れてました。

ゴールにつくと、スタートで預けた荷物が運ばれていてそれをうけとって軽くシャワーをあびれます。
(この荷物受け渡しサービスはとても便利ですよね)

すぐ横が海で、ハンモックがあったり、砂浜をイメージした感じの天然プール?もあってそこでちょっと泳いだりして思う存分「海」を満喫。

おなかもすいたので近くのレストランへ。
園内どこのレストランでもランチは大丈夫なのでガイドさんが「ここかここがいいよ」といっていたうちのひとつへ。ビュッフェでした。

おなかも満たされて水族館のようなところへいったり、いかだにのったり、あともう一回川くだり(違うコースのほう)したりとシカレを満喫してるうちに夕方になったのであわててクラブハウスへもどり、シャワーと着替えをすませ、ナイトショーのある場所へ。

ガイドさんがいうように早めにいってよかった。
というのももう、すでにけっこう席がうまっていたからです。

ちゃんとスナックとドリンクも用意してわりといいポイントの席をキープ。

だんだんと暗くなり、ショーがスタートします。

1部と2部にわかれていて1部はメキシコの歴史をミュージカルのような感じでやってました。言葉はさっぱりですけど「あ、スペイン人が侵略してきた」とかわかるかんじで楽しめました。
圧巻はチェチェンイッツァでみた球技場でのゲームを再現したもの。

ゴールがきまるとみんな大盛り上がりでとても迫力がありました!

少し休憩の後、2部はマリアッチとかとても華やかで歌と踊りのショーでした。

これはとても盛り上がって陽気な音楽に踊りだす人がたくさんいました(笑)
もちろん、白人のみなさまです。

でもとっても楽しいショーでした。

あっというまにシカレナイトがおわり、バスへもどるとガイドさんが
「楽しめた?」
とニコニコできいてきたので
「あなたのアドバイスどおりにしたからとおっても楽しめた!」
というと
「それはよかった!じゃあバスでおやすみ(笑)」
とニッコリ。

ほんとにくったくたでバスでは爆睡でした。

この日はホテルについてシャワーをしたらさすがに街にくりだす元気がなく
近くのコンビニにいって寝ちゃいました。

コンビニといえばOXOXとかいう名前(オクソだったかな?)がいたるところにあって
とても便利でした。
ハワイのABCマートみたいな感じで滞在中、とても活用しました♪

11th September

この日は実質最終日。
午前中にジャングルツアーというオプショナルに参加して午後はお買い物へ。

ジャングルツアーは男性にとても人気でだんなくんも興味津々だったので参加。

2人乗りのスピードボードを自分で運転してジャングルからカリブ海へ猛スピードで走り、
カリブ海でシュノーケルを楽しんだらまた運転してもどってくるというもの。

日本じゃ「安全面が・・」とかでひっかかってNGになりそうなアトラクションですが
さすがメキシコ、ちょっとした説明だけでノーライセンスで運転しちゃえます。

これにはだんなくんもニッコニコ。

「ちょーたのしー」とカリブ海を爆走してました。

これは半日でもすむのでオススメです♪

で、お昼にはローカルのひとに教えてもらったおいしいサンドイッチやさん「ティコス」で購入しホテルで食べました。ティコスの近くのバス亭がわからなかったのでどうしようかなと思ったけどだめもとでバスに乗るときに
「ティコスにいきたいんだけど」
っていったらドライバーさんに目でうなずかれて
「とまってくれるのかな?」
と信じて乗っていたらマジでティコスの前で止まってくれたよ(笑)

しかも「ティコス」ってアナウンスしてくれた。

なんでもありのメキシコやね~(笑)
このゆるさがいいわ・・・・

ホテルでシャワーをあびてティコスのサンドイッチを食べたら(ここすごいボリュームなのにめっちゃ安くてほんとびっくりでした!!)今度はショッピングモールめぐり。

お土産だったり・・・・あと友人が以前カンクンにいったとき
「ディーゼルのデニムがめっちゃ安かった」
といっていたのでそちらもお目当てで。

カンクンには結構大きいショッピングセンターがいくつかあって面白かったです。
バスで行きやすいし。

よくみかけたのは「セニョールフロッグス」というカエルのキャラのお店。
人気のブランドなのかな?レストランもあったし。
そこのTシャツを買っちゃいました、記念にね。

だんなくんは会社の社長に葉巻、会社や友人のお土産にテキーラやナチョリブレのマスクなどを購入してた
あたしはあまりいいのがなくてローカルで人気のハンドクリーム(キラキラいり)と会社にひとにはカルーアミルクのチョコにしました。あとおみやげかう時間なかったときのためにあらかじめクッキーを日本で手配済だったので(おみやげサービスです、結構便利だよね。笑)それとあとお目当てのディーゼルへ。

ほんっとにデニム安かった!
70ドルくらいでした。(USドルで)

だんなくんとあたしで試着しまくって買ってきました~♪
だんなくんはバックもほしかったみたいだけどバックは日本とあまり値段がかわらない事実をしるとじゃあいいやとあっさりかわず。

あたしはあと、メキシコの民族衣装っぽい刺繍のはいったスモックブラウスかいました。

ショッピングモールで簡単に食事をしたんだけど夜になってまたおなかすいちゃって
でも明日は朝が早いから・・・ということでホテルの前にあるファミレスへ。

ほんとに日本のファミレスとおんなじ感じでした。

あたしはサンドイッチ、だんなくんはタコスセットみたいなのにして最後の晩餐となりました。

ホテルへもどり、荷造りなどをしてちょっと名残おしいなぁと思いつつ、翌日の早朝空港へ。

そしてそこからまた延々フライトで翌々日、日本帰国。

なんでかわからないけど二人しておなかこわしてました。
メキシコの水かしら??

なにはともあれ、楽しいカンクンでした♪

結論:
次にくること・・・・あるといいなぁ~。
[PR]
by kaoring_yokohama | 2008-09-29 19:51 | travel